TOP > 慢性前立腺炎を知ろう

慢性前立腺炎を知ろう ストレスと慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群慢性前立腺炎を知ろう ストレスと慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群

ストレスは慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群の危険因子ですストレスは慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群の危険因子です

現代はストレス社会ともいわれ、ストレスが原因となる病気が増えています。慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群(CP/CPPS)もその1つであり、働き盛りの男性を悩ませています。

原因や症状は人によって異なりますが、最大の危険因子はストレスと考えられています。働き盛りの男性は身体的・精神的ストレスも多く、慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群(CP/CPPS)の危険因子をかかえて生活していると言えます。

長時間のデスクワークや自動車の運転など骨盤内の血流のうっ滞に加えて、精神的ストレスが大きく関係しています。

動物実験でもラットにストレスを与えると慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群(CP/CPPS)を発症することが報告されています。

深刻な男のストレスは慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群(CP/CPPS)だけでなく心因性ED(勃起障害)の要因にもなります。深刻な男のストレスは慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群(CP/CPPS)だけでなく心因性ED(勃起障害)の要因にもなります。

パートナーとの関係によるストレス、職場での複雑な人間関係、配置転換、ノルマや業績不振など、現代人は日々ストレスと闘っています。EDの原因として生活習慣が関連した血管の老化(血管内皮の障害)があげられていますが、心因性EDも深刻な男のストレスが要因と考えられています。
心因性EDでは萎えてしまったという過去の経験から、次もまたダメなのではないかという「焦り」や「不安」が原因になってしまうこともあります。