TOP > 治療について

治療について治療について

治療について治療について

慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群の多くは原因がわかっていません。治療の中心はストレスを解消することと薬物療法です。薬物療法では、1つの薬で症状が改善しない場合は複数の治療法を組み合わせます。
最近では、UPOINT(U:排尿機能、P:心理社会学的要素、O:膀胱・前立腺の異常、I:感染の有無、N:神経症的要素、T:骨盤底筋群の緊張性)を考慮して、患者さん個々に合わせたテーラーメード治療をしようという動きもあります。
患者さんによっては薬物療法の他に温熱療法などの非薬物療法なども有効です。

慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群は治りにくい病気ですが、命に関わることはありません。
毎日を快適に過ごすためにも泌尿器科を受診して治療することをおすすめします。
あせらず、リラックスして粘り強い治療を続けることが大切です。

処方される薬処方される薬

慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群で処方されるお薬には植物製剤、漢方薬、抗菌薬、精神安定剤、αブロッカーなどがあります。

お薬は医師の指示とおりきちんと服用しましょう。