TOP > 前立腺の病気を知ろう

前立腺の病気を知ろう 働き盛りに多い慢性前立腺炎前立腺の病気を知ろう 働き盛りに多い慢性前立腺炎

慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群(CP/CPPS)慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群(CP/CPPS)

急性前立腺炎は細菌感染によって起こりますが、前立腺炎の中で最も多いのが慢性前立腺炎/骨盤内疼痛症候群(CP/CPPS)で、下表のⅢにあたるものになります。
命にかかわる病気ではありませんが、不快感や痛みが持続し生活の質が大きく低下します。
また、膀胱がんや前立腺がんなどの病気に潜んでいることがあり、尿路・性器のスクリーニング検査も必要です。

表1 前立腺炎のためのNIH(National Institutes of Health)分類(改変)

分類 症状
急性細菌性前立腺炎 発熱、排尿痛、全身倦怠で急激に発症
慢性細菌性前立腺炎 Ⅰが慢性化したもの。再発性細菌感染としての症状を認める。
慢性非細菌性前立腺炎
慢性骨盤内疼痛症候群/前立腺関連疼痛症候群
 
A 炎症性  
B 非炎症性  
無症候性・炎症性前立腺炎 たまたま採取した前立腺液中に白血球を認めて発見されるなど、偶然発見されることがあるが、現時点では積極的に治療の必要はない。